第65回ベルリン映画祭が5日、始まりました。

世界最大の映画祭です。

72カ国の計441本の映画が出品されています。

映画祭は11日間なので、一日40本も、ベルリンのどこかの映画館で上映されるんですね。

Jedes Jahr gibt´s auf der Berlinale jede Menge gute Filme zu sehen. (Foto: Julia Krippl)

今年のオープニング作品は、「ノーバディ・ウォ ンツ・ザ・ナイト」(スペイン・フランス・ブルガリア合作)という作品で、ジュリエット・ビノシュと菊地凛子が出演しています。

菊地凛子は先住民族イヌイットの女性を演じているそうです。

"Nobody Wants the Night" von Isabel Coixet (M.) wird die Berlinale eröffnen, hier mit Hauptdarstellerin Juliette Binoche (l.) und Rinko Kikuchi (r.)

ちょうどこのブログを書いている今現在(5日夜)、オープニングセレモニーの後に、主催者や審査員、ドイツの大臣やベルリン市長、映画関係者向けの上映会が行われています。

さきほど、ライブストリームを観たら、黒いドレスの菊地凛子さんも映っていました。

この映画、評価が高そうなので観てみたいな~と思って公式サイトのチケット購入ページを見ると、もうすべてソールドアウト。

コンペティション部門出品作で、最高賞の金熊賞候補とも言われている映画は、やはり人気ですね…

コンペ部門には、SABU監督、松山ケンイチ主演「天の茶助」も出品されています。

ベルリン映画祭では、地味で脚光を浴びていなくても良い作品がたくさんあるので、素敵な映画に出会えたらいいなと思っています。

ドイツ語ならプロクセノスで!自宅でラクラクドイツ語レッスン♪
http://proxenos.jimdo.com/

今なら無料お試しレッスンを開催中!詳しくは上記、HPをご覧ください。

ご訪問ありがとうございます。ダンケ!
ポチッとしてくれるとうれしいです

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村