どうやって語彙を増やしたらいいのか。

外国語の勉強では悩ましい問題ですね。

きょうは、トーマス・ペームというコミュニケーション理論の専門家の理論をご紹介します。

彼はドイツ語によるコミュニケーションの話をしていて、

ドイツ語を母語としている人を前提にしていますが、

外国語学習にも応用がきく、すごくいい方法を提案しています。



語彙はあればあるほど、自分を上手に表現できると言います。


ドイツ語
の単語数40万語あるそうです。

Dudenには約12万単語が載っています


普通の人のpassiver Wortschatz(受動語彙、聞いたり読んだりして理解できる単語、話したり書いたりはできない は3万~5万単語ぐらい。


それに対して、aktiver Wortschatz(能動語彙、自分で使いこなせる語彙)は3000~5000単語ほど。

受動語彙の
10分の1ぐらいしかありません。


ビルトというドイツの大衆紙は、約1000語だけで書かれているそうです

逆に言うと、
1000語あれば、すべてを表現することができることを意味しています

旧西ドイツ初代首相のコンラート·アデナウアー
1000語彙だけを使って話していたといわれています



では、能動語彙を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか。

簡単な方法があるといいます。


次回はそれについて書いてみます。


ドイツ語ならプロクセノスで!自宅でラクラクドイツ語レッスン♪
http://proxenos.jimdo.com/

今なら無料お試しレッスンを開催中!詳しくは上記、HPをご覧ください。

ご訪問ありがとうございます。ダンケ!
ポチッとしてくれるとうれしいです

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村