Panama-Papiere: "Hallo, hier spricht John Doe. Interessiert an Daten?"



パナマの法律事務所から大量の内部文書が流出し、同国のタックスヘイブン(租税回避地)を利用した闇の金融取引が明るみに出ました。

ペーパーカンパニー設立を40年にも渡って手掛けてきた法律事務所モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)の内部文書、1150万点です。

モサック・フォンセカはドイツ人法律家のユルゲン・モサックが設立。86年からパナマ人法律家のラモン・フォンセカと共同で経営してきました。

事件には多数の政治家や有名人が関与していたため、大スキャンダルとなっています。

John Does (名無しの権兵衛)と名乗る人物がドイツ紙 Süddeutsche Zeitung(南ドイツ新聞)の編集員にメッセージを送付したことがきっかけとなり、すべてが始まったといいます。

膨大なデータを1社では到底処理しきれないため、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)とデータを共有し、ICIJ協力の下、世界各地の100人以上のジャーナリストが文書の調査を行いました。

文書はこの法律事務所が顧客にマネー・ローンダリング(資金洗浄)や脱税をアドバイスした事実を明らかにしています。

リストには日本企業も載っているそうです。三菱商事、商船三井、日本郵船、バンダイ、大日本印刷、セコムなど。

今後、数週間でさらに真実が明らかになるとされています。


ドイツ語ならネアグロッサで!自宅でラクラクドイツ語レッスン♪
http://www.neaglossa.com//

詳しくは上記、HPをご覧ください。

ご訪問ありがとうございます。ダンケ!
ポチッとしてくれるとうれしいです

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



ドイツでのヴィーガン生活・動物愛護についてつづったこちらのブログも、遊びに来てください♪
ドイツでヴィーガン生活~人、動物、環境の調和を目指して~
https://wiressenpflanzen.files.wordpress.com/2015/07/vegan-heart.jpg